さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2011年07月08日

少女時代メンバー 座右の銘



 最近、巷ではK-POPなるものが、流行っているらしい。
 と、全く今までと違う方向性の記事を載せる。
 このブログの最大の特徴は、テーマなしという事だ。何でも書いて良いというブログである。
 MJスペシャル少女時代特集で9人のメンバーが色紙に書いた好きな言葉らしい。
 ヒョヨン長いな! でもカッコイイな。


テヨン:後悔する行動はしないようにしよう......

ユリ:天才は努力する者に勝てず
   努力する者は楽しむ者に勝てない。

ジェシカ:私の心の向くままに...

ユナ:後悔しないで生きよう!!

サニー:この瞬間にもベストを

ソヒョン:最後の勝者は善人である。

ティファニー:今日は私の日だ!

スヨン:こんなとき神様だったらどうするだろう?

ヒョヨン:立つ場所が変わらぬ山河の花となり、小川のように清らかで美しく、最高と最善を尽くす勤勉、誠実、正直な人になれ!
  

Posted by らっっっきー at 01:10Comments(0)音楽

2007年06月01日

レッチリのライブ前に




 ブログに何を書くかな・・・。政治ネタとかだと、みんなの関心事であるし、色々興奮して皆書くので、その意見を読んでから、更にあーでもない、こーでもないと考え、更に想像や推理などを働かせ、批判などをして、現状を嘆いたりする。あまりにも真っ黒な世界なので、あまり見ているとダークサイドに染まってしまいそうで、嫌になってしまうね。
 それはそれで楽しいのだが、まあ、それよりもレッチリのライブについて、書いてみよう。

 友達に誘われて東京ドームに行くのである。
 音楽をまともに聴かなくなって久しい。日本の音楽は、あまり取り立てて聴くものが無くなって来た。唯一良いのはYUIぐらいである。CDも売れないし、才能が音楽業界に集まらないし、更に売れないというデフレスパイラルに陥っているのかもしれない。さらにmp3とか、ipodとかが広まってしまったのも原因かもしれない。聴く曲を沢山集めてしまうと、消化するのに時間がかかってしまって、新しい曲を聴かなくてもやっていけるのだ。

 しかし、今回誘われて、レッチリのCDを一気に借りて、聴いている。レッチリとは、RED HOT CHILI PEPPERSの事で、カリフォルニア州出身の世界的に人気のあるロックバンドである。ファンクとヒップホップをパンク・ロックと混ぜ合わせたミクスチャー・ロックと呼ばれるバンドのひとつである。またDani Californiaという曲は、去年日本で公開された『デスノート』の主題歌として採用。同アルバム収録のSnow ((Hey Oh))も『デスノート the Last name』の主題歌に採用された。また、このアルバムで2度目のグラミー賞を受賞している。世界中で何千万枚もCDを売り上げている。

 この前、M Stationに出演していた。ボーカルのアンソニーは、タモリと一緒に司会をしている堂真理子アナウンサーを気に入っていた。また意外なほどフレンドリーで、日本のファンへのサービスをしていた。ベースのフリーもニコニコしていて、すごく感じが良かった。

 彼らは、初期の頃はモロにセックスの歌を作っていたり、ライブで全裸になったり、ライブのステージ裏で客の女性に乱暴?をしたとかで、罰金を払わされたり、全裸に靴下を股間につけた格好でパフォーマンスをしたりと、「変態バンド」という感じであった。ギタリストのヒレルがヘロインのオーバー・ドーズで死んだり、新たなギタリストのジョンが、ベースのフリーに(二人とも男)、振られてしまったので、ライブツアーに帰国してしまい、急遽公演が中止になってしまったりと、メチャクチャな話題には事欠かない。 

 しかし、レッチリは、内省的で美しく泣ける曲も沢山ある。自分は、中学生の時に、Billboard TOP40という番組とか、SONY MUSIC DISCを毎週見て育ったので、当時のONE HOT MINUTEというアルバムを出していた頃のレッチリが好きだった。WARPEDと言う曲は、メタルに近くメチャクチャ激しかった。当時はベースもギターもドラムも音を区別する事無く、「音楽」として捉えていたので、その音圧は圧倒的であった。今なら普通に聞ける。でもやはり名曲であると思う。
 ボーカルのアンソニーはとにかくマッチョであり、人間離れした体格のメンバーは、ものすごい迫力であった。全盛期のとんねるずの石橋貴明のような、ダサいようでもあるんだけれど、有無を言わせぬ押しの強さがある感じである。なんとなくバカっぽくて、突き抜けているんだけど、それでも美しい曲は美しいのであった。
 MY FRIENDSという曲も大好きであった。これは、夕日の中、ボートを漕ぎながら歌うPVなのだが、うさぎがチョコっと顔を出しているのだ。ゴゴゴゴーっと、息を吐きだすのだが、まるでギリシャ神話の神のようで、人間離れしている。

  I heard a little girl
  And what she said
  Was something beautiful
  To give... your love
  No matter what

 なんて、詞を歌うなんてね。中学生のときは、こんな曲を聴いてうっとりしていたものだ。

 GIVE IT AWAYと言う曲も、最高にファンキーで、この曲で他のバンドとは一線を画しているように見えた。全身が銀色になり、ギブラウェイギブラウェイギブラウェイナァウという歌詞も、フリーのベースも、頭がウズを巻いているメンバーも最高であった。

 その後、それほど注目してなかったが、今回聴きなおしてみたら、やはりこのバンドは只者ではない。
 BY THE WAYというアルバムの、DOZEDという曲が、最高に泣けるメロディーと歌詞であった。

I got dosed by you and
Closer than most to you and
What am I supposed to do
Take it away I never had it anyway
Take it away and everything will be okay
In you a star is born and
You cut a perfect form and
Someone forever warm
Lay on lay on lay on lay on
Lay on lay on lay on lay on
Way upon the mountain where she died
All I ever wanted was your life
Deep inside the canyon I can't hide
All I ever wanted was your life

 東京ドーム公演が楽しみだ!!!  

Posted by らっっっきー at 00:29Comments(0)音楽

2006年10月24日

張韶涵(アンジェラ・チャン) 光が見えるような歌声




 最近長い記事ばかり書いてて疲れた。思うに自分の足で取材したら、結構面白い記事が書けるっぽい。しかも今はマスゴミが多分ボケーッと机に座ってネットしてるだけの心肺停止瞳孔拡大状態っぽいので、俺のようなズブの素人でも取材する人間の方が、まだマシなのである。いろいろ面白いネタも見つかるしね。
 いろいろな情報をまとめようとしても、それは誰かのまとめた事のまとめ直しだったり、いろんなところから引っ張ってきた材料を編集しただけだったりする。それだと、単に自分の勉強用になってしまうし、人が見て面白いとは限らない。
 或いは、もっと英文サイトを読んで、面白そうな記事を、誰よりも早く翻訳するってのは、結構存在価値があると思うけど、英文サイトまで見る余裕はあまり無いし、翻訳は時間がかかる。 
 ま、そんな感じで、何よりも長くテキトーに続けていくことに価値があると思う。というわけで、皆様ご機嫌うるわしゅうございますか。

 ってなわけで、華麗に話題を転換して、今日は、中国のアイドルというか、実力派女性シンガーの話題。
 24歳の張韶涵(アンジェラ・チャン)である。「聴見聲音的光(音の光が見える)」と形容されるような、独特の声で中国・台湾で大人気であり、アルバムはミリオンセラーになり、日本でNHKで放送されている韓国ドラマ「チャングムの誓い」の中国語吹き替え放送の主題歌を歌っている。セカンド・アルバム「歐若拉(オーロラ)(2004年)」に、その歌が収録されており、「おーらーら、おーららー」と歌っている。また「イルカ湾の恋人」が日本でも放送され、その主役を務めていたらしい。

 俺がこの歌手を知ったのは、北京旅行の時であった。ホテルに隣接されている準備中の女性向けのブティックで、この「歐若拉(オーロラ)」という曲が、BGMで流されていたのだ。偶然通りかかっただけなのだが、衝撃を受けた。
 俺はどうしてもこの曲が何なのか、知りたくなった。もちろん全く中国語は話せない。日本でも店でかかっている曲が、すごく気になる時がある。だけど、わざわざ店員に「この曲って何ですか??」なんて聴くのは、恥ずかしいし、そんな事をわざわざ調べてもらうのも迷惑だから、そのまま忘れてしまう。それに日本であれば、情報を何とかして見つけるのは大して難しくは無い。
 しかし、そこは中国であった。みんな英語はできないし、俺は中国語はできないし、しかもその日には帰国してしまうのであった。ここで分からなかったら、一生分からな
いままだ。そのまま通り過ぎる事も考えたが、「よっしゃ。何とかして店員に聞いてみよう。」と決めた。しばらくすると、若い女の従業員が店の奥から出てきた。「この曲は何??」と身振り手振りで聴いてみた。「ちゃららららーん」とメロディを歌ったら、笑顔になり分かってくれたようだ。多分自分の好きな曲を、外国人が興味持ってくれて、嬉しかったみたいだ。
 有線放送ではなく、カセットテープをコンポで流していたので、曲を止めて、そのテープを出してみせてくれた。もちろん中国の漢字なので、よく分からないし、読めない。なので、常に持っていたケータイで、字を写真で撮った。お礼を言って、店を出た。
 そして日本に帰り、ネットで検索して、アンジェラ・チャンを知ったのであった。CDを購入してみたが、俺の直感は間違っていなかった。これほど素晴らしい音楽に出会えたのは久しぶりである。このアルバムは、すごく有名なプロデューサーが集まっているらしい。第3曲目「浮雲」は中村仁のプロデュースで柴崎コウも歌っているらしい。
 何度聴いても飽きない。これ日本で売り出したら絶対売れるだろうなーと思った。これを聴かないなんて、人生をかなり損してると思う。ハズレ曲が無い。これだけ歌手としても素晴らしいのに、顔も可愛いというのは、すごい。
 さて、音楽をきっかけに中国語を少し勉強してみた。発音が難しいが・・。そして翻訳歌詞を見ながら、意味を理解しながら聴くと、また素晴らしいのであった。

 聴いていてとても気持ちが良くなるような曲である。繊細だけど声量がある甘えるような声、中国語の抑揚のある複雑で美しい発音、美しいビブラート、はっきりしたリズム、伴奏の多彩な音、繰り返される耳に残る哀愁を帯びたラブリーで力強いメロディー、そしてワールド・ミュージック的な民族音楽のようなアクセントなど、予想だにしていないようなレベルの高い音楽に、圧倒される。歌詞は「オーロラ」に限っては、ラブソングではなく、スケールの大きい自然美を歌っている。彼女は、ウイグル族の血が混ざっていて、無国籍な魅力があるのだ。
 『愛是一道光如此美妙 ai shi yi dao guang ru ci mei miao 愛は一筋の光 なんてうるわしい』 『愛就在心中相信就会存在 ai jiu zai xin zhong xiang xin jiu hui cun zai 愛は心の中に 信じれば存在する』
 ってなんて美しい歌詞なんだろう。一度誰かに言ってみたいものだ。そしてRの音、巻き舌が日本では耳慣れない音だったり、中国語独特の抑揚とかが新鮮なのである。中国語がこんなに美しい言葉だとは知らなかった。
 これ以外の曲では、ラップの曲とかダンスの曲とかもある。ぶっちゃけ中国とか台湾の音楽は、日本に勝てないだろうとか思ってたけど、それは見事に覆された。むしろ新鮮な分、アジアの音楽の方が聴いてて楽しいかもしれない。また3rdアルバムも出ているので、購入する予定。



以下は「オーロラ」の翻訳。





 歌曲:欧若拉

神秘北极圈阿拉斯加的山嶺
shen mi bei ji quan a la si jia de shan dian
神秘の北極圏 アラスカの尾根

誰的瞼出現海角的天辺
shui de lian chu xian hai jiao de tian bian
誰の面影が 世界の果てに浮かぶの?

忽然的瞬間在那遥遠的地点
hu ran de shun jian zai na yao yuan de di dian
突然瞬間 その遙か彼方

我看見恋人幸福的光点
wo kan jian lian ren xing fu de guang dian
恋人達の幸せな光が見えた

灵魂在招喚
ling hun zai zhao huan
魂が呼んでいる 

唱着古老陌生熟悉的歌謡
chang zhe gu lao mo sheng shou xi de ge yao
唄うは古くて 見知らぬ懐かしい歌

天空在微笑我的世界繽紛閃耀  
tian kong zai wei xiao wo de shi jie bin fen shan yao
空が微笑み 私の世界は色づききらめく

愛是一道光如此美妙
ai shi yi dao guang ru ci mei miao
愛は一筋の光 なんてうるわしい

指引我們想要的未来
zhi yin wo men xiang yao de wei lai
わたしたちが 望む未来に導いてくれる

魔力北极光奇幻的予言
mo li bei ji guang qi huan de yu yan
北極の光の魔力 幻想的予言

赶快去找不思議的愛
gan kuai qu zhao bu si yi de ai
早く探しに行きましょう 不思議な愛を

愛是一道光如此美妙
ai shi yi dao guang ru ci mei miao
愛は一筋の光 なんてうるわしい

照亮我們勇气的未来
zhao liang wo men yong qi de wei lai
わたしたちの 勇気の未来を照らす

魔力北极光伝説的予言
mo li bei ji guang chuan shuo de yu yan
北極の光の魔力 伝説の予言

原来就是恋人的眼光
yuan lai jiu shi lian ren de yan guang
それこそまさに 恋人の涙

沉默一眨眼一万年外的光年
chen mo yi zha yan yi wan nian wai de guang nian
沈黙のまばたき 一万光年の距離

我相信未来其實并不遠
wo xiang xin wei lai qi shi bing bu yuan
信じる 未来はそう遠くないと

哭泣的眼泪是喜悦的賛美
ku qi de yan lei shi xi yue de zan mei
嘆きの涙 それは喜びの賛美

是因為有你能展翅高飛
shi yin wei you ni neng zhan chi gao fei
だって あなたを高くはばたかせる

紅橙黄緑藍五彩的欧若拉
hong chen huang lu lan wu cai de ou ruo la
赤 橙 黄 緑 青 五色のオーロラ

愛就在心中相信就会存在
ai jiu zai xin zhong xiang xin jiu hui cun zai
愛は心の中に 信じれば存在する

紅橙黄緑藍五彩的欧若拉
hong chen huang lu lan mei li de ou ruo la
赤 橙 黄 緑 青 美しいオーロラ

愛就在心中相信就是永遠
ai jiu zai xin zhong xiang xin jiu shi yong yuan
愛は心の中に 信じれば永遠になる



Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%B5%E9%9F%B6%E6%B6%B5

youtube
http://www.youtube.com/results?search_query=
%E5%BC%B5%E9%9F%B6%E6%B6%B5&search=Search

注 中国語は文字化けするので、文字化けした部分を日本語の漢字で補っている場合があります。。。  

Posted by らっっっきー at 23:07Comments(0)音楽

2006年10月11日

ともさかりえの「カプチーノ」が良い





 ともさかりえの「カプチーノ」のPVが素晴らしい。椎名林檎が作詞作曲して、ともさかりえが歌う。白い衣装に、白い肌、細ーい手足と体。クネクネと動いて、セクシーに歌う。これほど素晴らしい曲があるだろうか。歌詞も素晴らしい。1999年だから、もう7年前である。。。古いなー。いまどきともさかりえも無いだろう・・という意見もあるが、もっとも美しい時のともさかりえである。。なんというか、ともさかりえ自身のファンというわけではないが、この曲とイメージは、正に理想的最高である。。。どこまでも白く細く美しく若く切なく可愛く憂いを帯びた旋律と歌詞であり、中毒性があってたまに聴いてしまう。今ではもう彼女も母親になってしまっていて、この時のイメージとは程遠いのであるが、この世にどれだけくだらないものが溢れてても、可愛かった人が年を取っていっても、この映像と音楽と歌詞で表現されている事は、決して色褪せない。


あと少しあたしの成長を待って 
あなたを夢中にさせたくて、もがく私を可愛がってね
今度会うときはコートも要らないと 
そんなに普通に言えちゃうのがわからない 
ミルクの白に茶色が負けている 
何よりもあなたにあって触れたいの 
全て味わって確かめて 
イーブンな関係になりたい
変わり行くあたしの温度を許して 
もし我儘が過ぎてても
黙って置いて行ったりしないでね Oh Oh

コーヒーの匂いを間に挟んで 
優位の笑みを隠しきれない様子でいる 
苦いだけじゃYeahYeahまだバランスが取れない

梅の散る午後にもちゃんと二人は 
今日と同じように 
人ごみをすり抜けられるかしら
それぞれがただ忙しくしてたら 
引く手の加減も曖昧に忘れちゃいそうで不安なのに 

あなたがここにいる約束など一つも交わしていない 
いつの間にか 淡い色が当たり前に香り 二人を支配しそう

誰よりもあたしをちゃんと見透かして 
口の悪さや強がりは精一杯の証拠だって
何よりもあなたに会って触れたいの 
すべて味わって確かめて イーブンな関係になりたい
変わり行く私の温度を許して 
もしわがままが過ぎてても 
黙って置いて行ったりしないでね


映像⇒http://www.youtube.com/results?
search_query=%E3%82%AB%E3%83%
97%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%8E
もし買うなら・・・http://www.amazon.co.jp/gp/
product/B00005GNKA/sr=8-29/qid=1159968753
/ref=sr_1_29/503-8386928-3610320?ie=UTF8&s=video

rie tomosaka clips ビデオが7800円!! たった四曲で???ありえねーーー。  

Posted by らっっっきー at 00:45Comments(0)音楽

2005年02月07日

BoA 松浦亜弥ゲスト

無題.JPG

皆さん元気に毎日を過ごしていますか BoAでーす 寒いですね うん
12月だし、クリスマスシーズンだし、イルミネーション派手派手でびっくりしました。
最近は大阪とか 福岡とか 名古屋とかね、行ったり来たりしてるんですけど、街中すっぴんで歩いても誰からも気づかれないBoAちゃんは、メチャメチャ寂しいんで、いいのかこれがいいって思えばいいのか
わっかんない本当にねー 駅の前とか普通に歩いてるんですよ うん
そんなBoAちゃんは今日、スペシャルゲストが目の前にはいるんですが。。フフフ 声出したらばれるからね、あんた フハハ
えーゲストは二回目 まあ余裕かな思ったらこの子怖いので ちょっとね緊張気味で まあ頑張ります
今日のゲストのヒントはですねー 一回目のゲスト、クリスタル・ケイちゃんに続き、BoAと同じ同士の1986年生まれです。
ヒント2 えーBoAから見て、動物に例えると、これはパピヨンだよ フハハハ
いや本当にねー可愛い 子犬? いやいいことだから そんな・・いいよ こわーいこの子
ハイ ヒント3はね ほんとうにかわいいーって思う ね、みんなからも可愛いって言われてるし、いいな。顔がすごいちっちゃくて隣に居たくない子です ハイ、という事でBoAがお送りしていきます BoA Beat It BoA's World 皆さんが考えている間にこの曲からスタートしたいと思います BoAでメリクリ

もうすぐクリスマスですね 皆さん幸せなクリスマスを送ってください メリクリをお送りしました
さてこの後はゲストの登場でーす。もうね、ばれたよ 全然バレバレで、ハイ皆さんお楽しみにして下さい。

★BoA(以下B): BoAがお送りしていきます BoA Beat it BoA's World さてお待たせいたしました。可愛いね 可愛いねあなたは
☆あやや(以下A) : ありがと (笑)
★B: 今日のゲストは松浦亜弥ちゃんでーす いらっしゃーい
☆A: こんばんはー松浦亜弥でっすー
★B: 久しぶり
☆A: 久しぶりじゃないから
★B: そうかな
☆A: 全然ねーホントあなた、ホント失礼なんですけどーもう週何回電話してるのって言うくらいやってんのに、毎日ひさしぶーり元気?だから、こないだ会ったしこないだ話したし、いっつもいうんだけど、絶対口癖でしょ 久しぶりーげんきって言うんでしょ
★B: 大体久しぶりだからねみんな だいったい久しぶりだからさ
☆A: あなたのひさしぶりは多分二、三日でも久しぶりだから
★B: そのぐらい会いたいわけ
☆A: 間隔がね、そうねありがと
★B: うん まあなんとかごまかしましょ (笑) 最近どうですか
☆A: 忙しいに決まってるじゃない 
★B: (笑) 年末はね 働く18だからね
☆A: そうそうそう頑張る18だからね うちらね
★B: そうそうそうホントにこれだけ働く18世の中にいるのって言うぐらいさ もうホントに
☆A: 自身マンマンに言えるよね
★B: そうそう今年は紅白もね一緒に出演できるよね
☆A: そうだね
★B: そういえばDVD見ました クリスタル
☆A: ライブのね はーいありがと
★B: MCカワイイよね
☆A: ありがと 可愛い・・ありがと
★B: うちはさーすごいサバサバしすぎだよって言われてるのいつも 皆さん元気ですかーみたいな 右はどう 左はどう 後ろはどう いい感じですね じゃあ次の曲みたいな (笑) だからそれ見て少し勉強したわ
☆A: ああそう ありがと あたしは喋りすぎてるって言われるけどね
★B: あ、ほんとう? でもちょっと休憩もしつつ、いいんじゃない でもなんか印象的だったのは、ステージがさ 前だけじゃなくて後ろの方もあったじゃん だから後ろのお客さんにも良く見えて嬉しがるんだろーなって思って
☆A: そうそうそうグルっと花道作ったから、楽しかった
★B: あれ怖くなかった
☆A: リフター?
★B: うん
☆A: あたし高い所平気だからね
★B: ほんとう?
☆A: 全然大丈夫
★B: 全然無理あたし
☆A: ビルの屋上とか大好きなの
★B: まじで?
☆A: 人間はアリンコちゃんみたいにちっちゃく見えるんだよ 高いとこいったら
★B: ああそうだけど
☆A: なんかさすごく強い人になった気分になるでしょ
★B: あーほんと
☆A: そうそうそうついてきなみたいなそういう気分になるわけで、全然平気
★B: いいねー
☆A: うん
★B: そっかー
☆A: うーん・・・ないよ
★B: うーん
☆A: あのさあのさーすごい突然なんですけれども
★B: はい
☆A: あのー大分遅れましたが・・まあゆったけどね 誕生日おめでとうって言うことでー。
★B: ありがとうございます
☆A: プレゼント持ってきたから
★B: ありがとぉぉぉ
☆A: お揃いにしちゃった
★B: まじ、今日もお揃いじゃんか
☆A: そう、指輪も被ってるし
★B: そうそう
☆A: ネイルまで被ってるから
★B: そうそう ね、ホント付き合ってるって言われるよ開けてもいい??
☆A: いいよ
★B: いやいやいやありがとー。ってゆーかごめんね
☆A: 何が
★B: あんた六月だよね
☆A: あたし何も貰ってないし、あーメールはくれたな メールはくれたよ うん
★B: そうメールはちゃんとして 買おうと思ったんだけどさー ほんとこんなの貰っちゃって
☆A: 言い訳大丈夫、いらないから
★B: あーかわいーい。なんかゴツイぞ。
☆A: なんかキーホルダーというか、
★B: あー!!
☆A: 見てあたしも今ついてるから。
★B: あ、あ、ホントだー
☆A: なんかさーこのピンをさー
★B: うん
☆A: 胸元に刺したりとかしてもいいし
★B: いろいろアレンジできるんだ
☆A: そうそうそう キーホルダーにしてもいいしー
★B: かわいいー 鍵もついてて
☆A: プレートみたいのもついてたりとかー
★B: 安全ピンもついてますね
☆A: 安全ピンを胸元に刺して、飾りにしてもいいし
★B: あ、そうキラキラしてるよ あー車の鍵にさそ
☆A: ホント
★B: あかわいい 
☆A: 使ってください
★B: ありがとーーーありがとうございます 何か私も早く渡さないとやばいなこれは
☆A: やばいよ
★B: やばいね きょーねんは、それはお互い何かあげたっけ?
☆A: 会ってなかったからね そんなにね
★B: そうだね
☆A: 忙しかったから電話がほとんどだったから なかったかもね
★B: 最近は食事も行けてないしなー
☆A: 行ってないしね
★B: ね
☆A: そうだよ
★B: 会っても放送局だよね
☆A: そうだね 年末だからね
★B: 年末はしょうがないですよ
☆A: 年明けたらいこ
★B: そうだね 年明けたら遊びに行きましょ ま、そんな感じで えーなんかね 今日亜弥ちゃんからのリクエストで一曲届けたいと思うんだけど
☆A: うん
★B: 実はこれ私のリクエストなんだよね
☆A: そうそうそう
★B: 勝手に決めちゃった いいじゃんでも
☆A: いいよー
★B: この曲好き
☆A: 私好き
★B: 私も超好き ってゆーか デビューってあたしより先
☆A: 私2001年の四月だから
★B: じゃ私が先だ
☆A: そうBoAが先じゃないかな
★B: で見てテレビで、年下だと思ったのね 全然タメでビックリした
☆A: 今でもだからBoAと同い年って言うと周りの人ビックリするよね
★B: ってゆーか亜弥ちゃんは年より下に見えるでしょ 私歳より上に見れるからじゃない
☆A: えほんとー? 最近あたしは25歳疑惑ってのがねー いろいろ回ってるけどね
★B: 何それ
☆A: 25歳ってよく言われるのよ
★B: なんで
☆A: わかんない あでもフインキ?
★B: あなたしっかりしてるからだよ。
☆A: そうなのかな
★B: なんか見てほんとビックリするもん
☆A: あホント
★B: だから良く頑張れるんだって思って
☆A: いえいえいえ
★B: まあまあまあBoAちゃんが大好きなこの曲を皆さんと一緒に聴きたいと思います
☆A: はい
★B: 曲紹介お願いします
☆A: はいそれでは聴いてください松浦亜弥で 「LOVE 涙色」


★B: お送りしたのは松浦亜弥ちゃんのオススメ曲って言うか私のオススメ曲で、「LOVE涙色」でした いい曲だよね
☆A: うんそうだね
★B: 盛り上がる
☆A: そうそうライブとかでもやっぱり盛り上がるよ
★B: あのねーこの振り付けがいいの とーまーらーない
☆A: あははは 
★B: この振りが可愛くて
☆A: あーそうあーありがとー
★B: この後もですね この可愛い松浦亜弥ちゃんと一緒にお送りします

★B: BoAがお送りしていきます BoA Beat It BoA's World 今日は松浦亜弥ちゃんをゲストに迎えてまーす
☆A: 迎えられてまーす (笑)
★B: 嫌なの?
☆A: 嫌じゃなーい
★B: やらされてるの
☆A: え、楽しみにしてたからー 何日か前に電話してね よろしくねって言ったじゃん 
★B: 私がしたでしょ だって
☆A: あたしがしたじゃん
★B: 違うよ
☆A: BoAから着信残ってて、であたしがして
★B: で、またしたよね あたしが
☆A: あ、そうかそうだね
★B: このウツケ!!
☆A: すいません、間違えました 申し訳ない
★B: コラッ はいところで、さっきはさー亜弥ちゃんの、まあ私のオススメ曲を届けたんだけど 実は10月の20日にニューシングル
☆A: はい、読める読める??
★B: あ、えーとヒラガナで書いてあるよ、わたらせばし
☆A: そうそう
★B: そうそうリリースされたんらしいね
☆A: そうそう 
★B: されたね DVDも貰って
☆A: そうそう見てくれた
★B: あのさー うん見た見たプロモーションビデオの撮影寒くなかった?
☆A: 寒かったよ
★B: そうだよね まーそんな話もしつつね、曲のプロモーションしましょうよ
☆A: そうですね させて下さいよ
★B: はいやって下さい どうぞ
☆A: あ、いいのそんな自由に
★B: 自由にどうぞ
☆A: 多分BoAは知らないけど森高千里さんわかんないでしょ
★B: わかん だから私これ新曲だと思ったの
☆A: あホントカバーなんだよね 今から11年前だからー うちらが小学校
★B: 七歳
☆A: ランドセル背負ったばっかりの時ぐらい
★B: うん
☆A: そのころに森高さんが歌ってた曲で、あの事務所の先輩なの
★B: あ、そうなの
☆A: そうで、今回カバーをさせて頂きまして でだからプロモーションビデオとかも橋で撮影したりとかしてたんだけど なんかすごい強い女性の歌なわけですよ 何かを乗り越えた女性にしか歌えないような歌なのですがー私も今年はね 夏ドラマやったりとか
★B: やってたねー
☆A: まあいろいろあってこうなんか いろんな意味でいろんなものを乗り越えられたかなと
★B: うーんそうだね 今年アリーナツアーもできてね
☆A: そうなのそうなの
★B: 代々木って気持ちいいよね
☆A: 気持ちいいねやっぱりねー
★B: ねー ひろーいからさー
☆A: なんかこう こんなに一杯人が集まるってのも感動するよね 来てくれてありがとーってなるの
★B: ありがとーってなるよね でもホントあのライブは素敵だった
☆A: ありがとうございます
★B: いえいえいえ、え、亜弥ちゃんはもう今年中にはリリースはないですか
☆A: 今年リリースはないんですが、あ告知していいかな、お知らせしていいかな いいですか
★B: ライブのお知らせですね
☆A: 春にですね、松浦亜弥コンサートツアー2005春101回のキスハンドインハンドと、題しまして
★B: 百何回?
☆A: 101回のキス 100回のキスという曲があるんです
★B: くちづけーひゃっかーい
☆A: そうそう
★B: あるよね
☆A: そう一個プラスして 101回は多いね
★B: 多いね
☆A: 唇はれちゃうよ
★B: はれちゃうね 顔パンパンだよ 
☆A: パンパンだよね 4月の25日に神奈川県のハーモニーホール座間というところで、座間ではツーデイズそして東京の方では五月の三日、四日、五日とスリーデイズやらせていただきますんで、その他にも埼玉、群馬、茨城、愛知、大阪も行きます その他皆様是非遊びに来てください
★B: 詳しいのは亜弥ちゃんのホームページに乗ってると
☆A: 載ってまーす
★B: BoAもライブするんだよーん
☆A: 知ってるもん代々木でしょ 行きたいんだってば
★B: そうそうそうおいでよ
☆A: 四月七日??
★B: 七日
☆A: 七日は今ん所あたしライブないからもしかしたら行けるかもしれない
★B: あーいいね だってきょーねんも来たい来たいって言ってた
☆A: 言ってて
★B: 席取ってたのよー
☆A: 知ってるよ
★B: ホントさ
☆A: 悪いね だからだから行くよ 今年は行けたら絶対行きます
★B: 今年は代々木と名古屋と大阪は一応決まりで
☆A: うんうん
★B: それから追加入るか入らないかっていう話で
☆A: うんうん行きます だってさ前回埼玉だっけ
★B: 埼玉埼玉
☆A: 遠いんだもん
★B: まあね でーも最終日は横浜だったよ 横浜も遠いーか
☆A: そうだねーホントに最終日に私と被ってたんだよライブが
★B: あっそうなんだ
☆A: そうそう大体ね土日は皆さんライブですよ
★B: そうですよでもさたまに木曜日とかもあるよね
☆A: 平日やるよ ねーみんな学校とか仕事終わってから来てくれるんですよ
★B: ほんとありがたいのねー
☆A: ありがたいです
★B: みんな制服の女子高生見るとさー、すごい可愛いの
☆A: ね、新鮮ね
★B: 新鮮だよね 制服着ないからさー 着た覚えが三ヶ月しかないんですね
☆A: そっかそっか
★B: 途中アメリカンスクール行っちゃったから
☆A: そっかそっか
★B: 自由時代なんですよ
☆A: なるほど
★B: そんな感じで 今日はいかがでしたか?
☆A: なんかラジオな感じがしません すいませんが 何か普通に喋ってるよねー
★B: 普通に喋ってるよねー それがうちらの番組の魅力っていうか聴きどころなんですよ
☆A: あっなるほど あたまにBoAが日本語間違えてる所が気になるくらいでー
★B: も、うるさいなー
☆A: あとは全然大丈夫でした
★B: うるさいなー 一応さ忘れないで 外国人だからさー
☆A: えーそうだっけ
★B: そうだよ わーー 一応さー国際ねー こう
☆A: すごいよね だって日本語英語韓国語?
★B: ま韓国語は地元だからさー。
☆A: そうねすごいよねー そんなに喋れてすごいなーと思いますよ ホントに
★B: いやいや亜弥ちゃんはキレイな日本語使ってるんじゃないですか
☆A: いやま日本人だからそれはみんなできるよ
★B: そうかな できない人一杯いるよ 外に居る人たちとか
☆A: ほんとー (笑)
★B: かなり突っ込み入るからね その人とか まー今年は年末忙しいだろうけど、まー私も亜弥ちゃんもお互い頑張って何とか乗り越えましょ
☆A: そうだね18歳超えたからさ 
★B: そうだよ
☆A: 長い時間
★B: 長い時間 まるまるまるまるまるまる一日を
☆A: ねー 31日はさ 
★B: そうだね
☆A: 頑張ろうよ
★B: 頑張ろうよ
☆A: 一緒にカウントダウンしようよ
★B: そうだねー年明けたら、あのパーティーしようね
☆A: いいよ
★B: ちょっとメチャメチャ遅いけど亜弥ちゃんの誕生日と
☆A: 大分遅いけどね
★B: 私の誕生日と、一緒に二人でやろう
☆A: やろう
★B: やりましょ 今日のゲストは忙しいの中来てくれてありがとう 松浦亜弥ちゃんでした。
☆A: いえいえ どうもありがとうございます
★B: どうもありがとうございました じゃあここで、亜弥ちゃんの新曲をお届けしたいなと思います
☆A: はい
★B: 曲紹介をお願いします
☆A: はい、それでは聴いてください松浦亜弥で「渡良瀬橋」
★B: はい、今日のゲストは松浦亜弥ちゃんでした どうもありがとー
☆A: ありがとー

(拍手)  

Posted by らっっっきー at 03:19Comments(0)音楽

2005年01月27日

表現される内面の美 BoAか・・・。

2000007-04.jpg

美しさとは、写真写りだろうか。メイク技術だろうか。それとも皮膚だろうか?
いや美は、人の心の中にある。脳がイメージした幻こそが美なのである。もし変幻自在な幻としての、BoAを愛するならば、彼女が言う本物はブサイクですから、という言葉なんて、そんなーーーーーーと言って気にしないのである。そしてならば美とは、それを表現するのは、結局表現の主体の脳であるのだ。美しさ。それは若さももちろんあるだろう。健康さももちろんそうだろう。それは、美を構成する要素である。しかし永続的、かつ本物であり、成長する美、それは賢さと努力と強い精神により実現されるものである。だから頭の良いBoAの表現する彼女の美しさ、それは歌声の美しさと共に、表情、視線、仕草、喋り方、生き方、発言・・・・・。彼女は、成長する美を持っている。だから、俺は最初見たとき可愛くないなと思ったけど、心の底からの反省を持って、自分の最初の印象を変えたのだ。こういう事ってあんまり無い。  

Posted by らっっっきー at 06:06Comments(0)音楽